第4回 RECRUIT 日本橋ハーフマラソン 予選

Can Participate: All Rated Range: - Penalty: None


日本橋ハーフマラソンとは


変更履歴

  • 2020年2月4日 参加登録を開始しました。
  • 2020年1月24日 ページを公開しました。参加登録はまだ開始していません。登録可能になるまでお待ちください。

日時

2020年2月15日(土) 19:00-23:00 (4時間)


概要

当コンテストは予選・本戦の2回行われます。本戦は、予選の上位の参加者を招待し、オンサイトイベントでの実施となります。

参加登録の際、個人情報の入力をお願いしています。


ルール

  • 問題は2問です。AtCoderで使用できるすべてのプログラミング言語を使用可能です。
  • 2問とも、解答の完成度に応じてスコアが付く、いわゆる"マラソン形式"の問題です。
  • 誤提出・再提出のペナルティはありませんが、解答を提出する際は前回の提出から5分以上の間隔を開ける必要があります。
    • 提出時間の制限は問題ごとに別々に適用されます。
  • テストケース特定防止のため、全テストケースの合計スコアのみが結果に表示されます。実行されるテストケースのうち、ひとつでも AC 以外の結果が生じると0点となります
  • コンテスト中に提出された解答に対する結果が、そのまま最終順位となります。別データでのリジャッジは実施しません。
  • ローカル環境でのテスト用に、次のツールを用意する予定です。これらのソースコードを解答に流用してもかまいません。
    • 入力データ生成やスコア計算を行うプログラム(Python3.4 ソースコード)
    • 入力データの例
    • ビジュアライザ(HTMLとJavaScript)

    テスターは前回大会までJavaでしたが、Pythonに変更しました。第3回予選問題AのテスターをPython化したものを用意しましたので、一度試していただくことをお勧めします。

順位付け

  • 2問の問題をABとします。まず、問題ごとに得点の高い順で順位をつけます。
    • 順位には、提出時間は無関係です。
    • 同点の場合は同順位になります。たとえば3人の参加者がいて、得点が5点、5点、3点だった場合、順位はそれぞれ1位、1位、3位です。
    • 解答が未提出の問題は、その問題の得点を0点とみなして順位をつけます。
  • 「問題Aでの順位 × 問題Bでの順位」が小さい順に上位になります。
  • 同点の場合は、「min(問題Aでの順位, 問題Bでの順位)」が小さい順に上位とします。
  • それでも決まらない場合は同順位とします。

注意事項

  • コンテストは個人戦です。2人以上で結託して参加する行為は禁止しております。
  • コンテスト終了前に、問題の内容や解答を公開する行為は禁止しております。

本戦

予選の結果が上位の参加者は、オンサイトでの本戦にご参加いただけます。

  • 日時:2020年3月7日(土) 午後
  • 場所:グラントウキョウ サウスタワー(当社規定により交通費支給)
  • 選出方法
    1. 学生のうち上位60名
    2. 全参加者のうち、1.で選出されなかった上位20名

学生の参加者の中で本戦の結果が上位の方に賞金を授与します。賞金額は以下のとおりです。

順位(学生内)賞金
1位15万円
2位10万円
3位7万円
4位5万円
5位4万円
6位3万円
7位2万円
8位〜10位1万円

本戦に進出された方へは、参加登録時に記入のメールアドレスへ詳細をご連絡します。

なお、本戦に参加しない方を対象とした、オンラインでのオープンコンテストも同時開催予定です。