C - 最高のピザ (Best Pizza) Editorial /

Time Limit: 10 sec / Memory Limit: 256 MB

配点: 100

問題

K 理事長は,JOI 市の中心部にある JOI ピザ店の常連客である.彼はある事情により,今月から節約生活を始めることにした.そこで彼は,JOI ピザ店で注文できるピザのうち,1 ドルあたりのカロリーが最大となるようなピザを注文したいと思った.このようなピザを「最高のピザ」と呼ぶことにしよう.「最高のピザ」は 1 種類とは限らない.

JOI ピザでは N 種類のトッピングから何種類かを自由に選び,基本の生地の上に載せたものを注文することができる.同種のトッピングを 2 つ以上載せることはできない.生地にトッピングを 1 種類も載せないピザも注文できる.生地の値段は A ドルであり,トッピングの値段はいずれも B ドルである.ピザの値段は,生地の値段と載せたトッピングの値段の合計である.すなわち,トッピングを k 種類 (0 \leqq k \leqq N) 載せたピザの値段は A + k \times B ドルである.ピザ全体のカロリーは,生地のカロリーと載せたトッピングのカロリーの合計である.

生地の値段とトッピングの値段,および,生地と各トッピングのカロリーの値が与えられたとき,「最高のピザ」の 1 ドルあたりのカロリー数を求めるプログラムを作成せよ.


入力

入力は N + 3 行からなる.

1 行目にはトッピングの種類数を表す 1 つの整数 N (1 \leqq N \leqq 100) が書かれている. 2 行目には 2 つの整数 A, B (1 \leqq A \leqq 10001 \leqq B \leqq 1\,000) が空白を区切りとして書かれている. A は生地の値段,B はトッピングの値段を表す. 3 行目には,生地のカロリー数を表す 1 つの整数 C (1 \leqq C \leqq 10\,000) が書かれている.

3 + i 行目 (1 \leqq i \leqq N) には,i 番目のトッピングのカロリー数を表す 1 つの整数 D_i (1 \leqq D_i \leqq 10\,000) が書かれている.

出力

「最高のピザ」の 1 ドルあたりのカロリー数を 1 行で出力せよ.ただし,小数点以下は切り捨てて整数値で出力せよ.


入力例 1

3
12 2
200
50
300
100

出力例 1

37

入出力例 1 では,2 番目と 3 番目のトッピングを載せると,200 + 300 + 100 = 600 カロリーで 12 + 2 \times 2 = 16 ドルのピザになる. このピザは 1 ドルあたり 600 / 16 = 37.5 カロリーになる.これが「最高のピザ」となるので,37.5 の小数点以下を切り捨てた 37 を出力する.


入力例 2

4
20 3
900
300
100
400
1300

出力例 2

100