A - Affiches /

Time Limit: 2 sec / Memory Limit: 1024 MB

配点 : 500

問題文

今、高橋君は長方形の大きな紙を 1 枚と、小さな紙を 2 枚持っています。大きな紙は、縦の長さが H 、横の長さが W です。 2 枚ある小さな紙は、いずれも同じ大きさであり、それぞれ縦の長さが A 、横の長さが B です。

今から高橋君は、 2 枚の小さな紙を大きな紙とそれぞれの辺が平行になるように、縦横の向きを変えずに貼ろうとしています (大きな紙のそれぞれの辺からの距離が整数でない場所に貼ることもできます)。

高橋君は、左上の点が [0,H-A]\times [0,W-B] 上の独立な一様分布に従うようにそれぞれの紙を貼ることにしました。 すでに小さな紙が貼られた上にさらに貼ることも可能です。 小さな紙が 2 枚とも貼られた部分の面積の期待値を計算してください。

制約

  • 1 ≤ A < H ≤ 100
  • 1 ≤ B < W ≤ 100
  • 入力は全て整数

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

H W A B

出力

小さな紙が 2 枚とも貼られた部分の面積の期待値を出力せよ。絶対誤差または相対誤差が 10^{-9} 以下ならば正解となる。


入力例 1

2 2 1 1

出力例 1

0.444444444444

入力例 2

100 99 99 1

出力例 2

1.003378222037